銘茶富士木村園 こだわりの手摘み茶 当園紹介







当園は、高品質茶の生産は「土づくり」からという信念のもと茶園の基盤整備を順次行い、茶園の被覆施設を整備するなど茶葉生産技術を磨きました。また、毎年各種茶品評会に挑戦することで製茶技術を磨き続けています。
お客様に心より満足していただける商品を販売し続けることが当園の基本姿勢となっています。

当園では、最高のお茶を最高の状態で飲んでいただくために商品の特徴をお客様にお伝えすることを常に心掛けています。

特に贈答品として購入するお客様には、お茶の淹れ方を記したリーフレットをお付けしていますが、一般的な淹れ方を御紹介するのではなく、商品ごとに自分の舌で確認し、一番適した淹れ方をお客様にお伝えすることで直接お目にかかれないリピーターを増やすために努力してきました。
このような商品に関する情報は、当園に従事する全員が共有するよう心掛けており、きめの細かい接客が当園の信条です。

また、口コミだけで大きく広げてきた販売網をさらに広げていくため、園主木村和彦が中心となり新たな試みにより、これまでのお客様への情報発信を中心とした戦略からお客様からの情報収集を積極的に行うことで幅広いお客様のニーズに即した商品づくりへフィードバックさせる新たな取り組みを始めています。



  • 昭和43年:茶への転換を図る。
  • 昭和47年:製茶機械及び仕上機導入。全量自販と品評会入賞を目指す。
  • 昭和53年:全国茶品評会で農林水産大臣賞受賞。
  • 昭和58年:静岡県茶品評会で農林水産大臣賞受賞。
  • 昭和61年:関東ブロック茶の共進会で農林水産大臣賞受賞。
  • 昭和63年:区画整理事業により自宅と茶工場移転、同時に製茶機械 を大型化し、自宅に付属した店舗を建設する。
  • 平成20年:関東ブロック茶の共進会で農林水産大臣賞受賞

画像 133.jpg

画像 118.jpg

画像 150.jpg

画像 014.jpg